Translations of this page?:
Feng Office 1.5 でメールのモジュールは改良されました。
このwikiページには古いままの情報があるかもしれないので、更新が必要です。

[ ノート | メール | 連絡先 | カレンダー | ドキュメント | タスク | ウェブリンク | 時間 | レポート ]

メール

Feng Officeはユーザーのウェブメールのクライアントとして動作できます。ユーザが持つ、どのようなPOP3やIMAPのアカウントでもメールの送信と受信ができます。Feng OfficeはSSL/TLSによる暗号化もサポートしています。

リスト表示

ツールバー

ツールバー 新規

  • 新規: 新しいメールのメッセージを作成します。

ツールバー メールボックス

  • 受信箱: 受信したメールのメッセージを表示します。
  • 送信済み: 送信したメールのメッセージを表示します。
  • 下書き: 下書きとして保存した(まだ送信していない)メールのメッセージを表示します。
  • 迷惑メール: 受信して迷惑メールと判断したメールのメッセージを表示します。
  • 送信箱: まだ送信されていないメールのメッセージを表示します。
  • *分類別にフィルター: * すべて表示: このコマンドを使用すると、すべてのフィルターをリセットしてすべてのメールのメッセージを表示します。 * 分類済み: このコマンドを直接クリックすると、ワークスベースに割り当てられた(分類された)メールのメッセージだけを表示します。 * 未分類: このコマンドを直接クリックすると、まだワークスペースに割り当てられていない(未分類)、言い替えるとメールの所有者だけが見ることのできるメールのメッセージを表示します。(ワークスペースにメールのメッセージを割り当てると同時に、そのワークスペースのメールを閲覧できるすべてのユーザーはそのメッセージを読めるようになります。) アカウント別にフィルター: * すべて表示: このコマンドを使用すると、すべてのフィルターをリセットしてすべてのメールのメッセージを表示します。 * [アカウント名]: このコマンドを使用すると[アカウント名]の名前のメールのアカウントのメールのメッセージだけを表示します。 ツールバー メールアクション * 既読に設定: 選択しているメールのメッセージを既読の状態にします。 * 未読に設定: 選択しているメールのメッセージを未読の状態にします。 * メールアカウントを追加: メールアカウントを追加します(詳細は下記を参照してください。)。Feng Officeのメールモジュールを使用するには、少なくともメールのアカウントを1つ登録しなければならないことに注意してください。 * アカウントを編集: 既存のメールのアカウントを変更(詳細は下記を参照してください)します。 ツールバー タグ * ドロップダウンメニューの上の部分に既存のタグが表示されます。そこから選ぶと、現在選択しているメールのメッセージに割り当てます。同じメールのメッセージに複数のタグを割り当てたい場合は、割り当てることもできます。 * タグを追加: 新しいタグを作成して、現在選択しているメールのメッセージに割り当てます。 * タグを削除: 1つ以上のタグを現在選択しているメールのメッセージから削除します。 ツールバー ゴミ箱 * ゴミ箱に移動: 選択しているメールのメッセージをゴミ箱へ移動します。 * アーカイブ: 選択しているメールのメッセージを書庫に収納します。 メール受信 * メールを確認: すべての登録したメールのアカウントで新しいメッセージを確認します。 ===== 詳細表示 ===== 画面表示を追加すべき… ==== アクション ==== * 返信: クリックすると、メールのメッセージを発信したメールのアカウントに向けた返信をします。宛先のメールのアカウントを加えたい場合は、そうすることもできます。 * 全員に返信: クリックすると、メールのメッセージを発信したメールのアカウントに加えて、メッセージが送られたすべてのメールのアカウントに向けた返信をします。宛先のメールのアカウントを追加・削除したい場合は、そうすることもできます。 * 転送: クリックすると、受信したメールのメッセージを希望する誰にでも転送できます。 * ゴミ箱に移動: このメールのメッセージをゴミ箱に移動します。 * 印刷用表示: このメールのメッセージを印刷可能なバージョンで表示して、印刷のコマンドを呼び出します。 * 分類: このメールのメッセージをワークスペースに割り当て(分類)できます。 * アーカイブ: このメールのメッセージを書庫に収納します。 * spamとして報告: このメールのメッセージを迷惑メールのフォルダーに移動します。 * spam扱いを解除: このメールのメッセージを以前にあったフォルダーに移動します。 * 未読に設定: このメールのメッセージを未読の状態に設定します。 * 既読に設定: このメールのメッセージを既読の状態に設定します。 * メールをダウンロード: メールのメッセージを自分のコンピューターにダウンロードできます。 * 履歴を表示: このメールのメッセージの履歴を読みます。 ==== プロパティ ==== * タグ: このメールのメッセージに付けられているタグです。タグの名前をクリックすると、左のサイドバーでタグを選択します。 * 登録者: このメールのメッセージに登録しているユーザーです。登録者の名前をクリックすると、対応するユーザーのプロフィールが表示されます。 * 作成者: このメールのメッセージを受信したユーザーです。このユーザーの名前をクリックすると、対応するユーザーのプロフィールが表示されます。 ===== メールアカウントの追加と編集 ===== Feng Officeでのメールアカウントの追加は、デスクトップのメールクライアント(例えばThunderbird、Outlook、Apple Mail)でメールアカウントを追加するのと同様です。基本的にメールのアドレス、メールサーバアドレスの(POP3/IMAPとSMTP)、ログインの詳細、暗号化の設定を入力します。 メールアカウント ===== メールアカウントの削除 ===== メールアカウントは、望むときにはいつでも削除できます。削除するには、アカウントの設定を開いて「メールアカウントを削除」のボタンをクリックします: メールアカウントを削除のボタン 警告のダイアログが削除の確認を求めてきて、このアカウントの既存のメールもすべて削除するオプションを選択できます: メールアカウントの削除 ===== メールとワークスペース ===== メールアカウントはワークススペースとは無関係で、それぞれのユーザーの個人的なものです。これは、メールのメッセージはデフォルトではユーザー自身だけに見えることを意味します。1つ以上のメールのメッセージをワークスベースに割り当てたときだけ、ワークスペースにアクセス権を持つユーザー全員、ワークスペースのメールにアクセスできるようになります。 ===== メールとアクセス権 ===== メールをワークスペースに分類すると、そのワークスペースでメールを見る権限を持ったすべてのユーザーはメールを(他のすべての種類のオブジェクトと同様に)見ることができます。 すべてのユーザーが分類したメールを見るのを防ぐには、ワークスペースの権限を調整しなければなりません。これはワークスペースですべてのユーザーにメールを読む権限を拒否することで達成できます。これには制限があり、ユーザーはワークスペースのすべてのメールを見ることができなくなります。 回避策は、メールを見えることができるユーザーだけが閲覧できるサブワークスペースを作成し、メールをそのワークスペースに分類します。このようにして、元のワークスペースを表示したときに、サブワークスペースにアクセス権のあるユーザーだけがメールを見ることができます。新しいサブワークスペースを見ることができない、他のユーザーは元のワークスペースに直接分類されたメールは引き続き見ることができます。 2つ目のポイントをより明確にします: すべて +–ワークスペースA +–サブワークスペースB メールをサブワークスペースBに分類します。ユーザー1だけにサブワークスペースBのメールを見る権限があります。ユーザー1がワークスペースAを選択すると、ワークスペースAのすべてのメールに加えてサブワークスペースBのすべてのメールを見ることができますが、他のユーザーはワークスペースAのすべてのメールだけを見ることができます。 ===== メールとドキュメント ===== 添付ファイルのあるメールをワークスペースに移動すると、その添付ファイルはドキュメントに移動します。 ===== メールの添付ファイル ===== メールを作成するとき、Feng Officeのファイルとローカルのファイルシステムのメールを添付できます。 ファイルを添付するとき、ユーザーには2つの選択があります: * 通常の添付ファイルを送信します。この方法は電子メールに添付ファイル全体が添付されます。 * Feng Officeのファイルのリンクを送信します。この方法ではユーザーはファイルをローカルにインストールしたFeng Officeからダウンロードしなければなりません。 ===== FAQ ===== ==== 暗号化 === Feng OfficeはSSL/TLS暗号化をサポートしていますか? はい、メールの受信(POP3/IMAP)と送信(SMTP)でサポートしています。(Feng Office 1.2からサポート) Feng OfficeはGPG暗号化をサポートしていますか? 現時点ではサポートしていません。(Feng Office 1.5の時点) ==== プロトコル ==== Feng OfficeはPOP3をサポートしていますか? はい。 Feng OfficeはIMAPをサポートしていますか? はい。(Feng Office 1.2からサポート) ==== IMAPサポート === Feng OfficeのIMAPクライアントはサーバーと「同期」しますが、完璧ではありません: * 1.7.1以降のバージョン空、Feng OfficeのIMAPクライアントは(Feng Officeの)メールアカウントを正しく設定していれば、メールを送信するときにいつもIMAPサーバーにコピーを送ります。これを行うためには、アカウントの追加や編集をするときに「送信したメールの同期の設定」を変更しなければなりません。(この機能はFeng Officeの管理者が管理パネルで有効にしているといだけ利用可能です。) * もし、既にIMAPのメールアカウントを保有していて、古い送信済みの古いメールのメッセージをIMAPサーバーに同期したい場合はFeng Officeの管理者に以来してください。管理者は、管理→メールアカウントから「同期」をクリックして同期できます。または、この行をブラウザーでルートの後に追加して自分自身で行えるかもしれません:
    public/tools/mailsyncscript.php?email=[email]&username=[username]
    ここで[email]はメールのアカウントに、[username]はFeng Officeのユーザー名を表します。
    注意: 以前に多数のメールを送信していて、サーバーと同期したい場合は、メールの同期に長い時間がかかる鴨知れません。 * Feng Officeでメールを破棄したとしても、異なるメールのクライアントで接続すると未だに新しいメールとしてダウンロードされる鴨知れません、また逆も同じです。(すなわち、異なるメールのクライアントからメールを削除しても、Feng Officeのメールクライアントにメールを削除したと反映されません。) ==== 他社のウェブメールサービス ====
    Feng OfficeはGmailをサポートしていますか? はい。GmailのアカウントをFeng Officeで設定するには、必要なプロトコル(POP3またはIMAP)がGmailのアカウント設定で有効にしていることを確認してください。同じページに、メールのクライアントを設定する方法についての情報のGmailのヘルプのページへのリンクがあります。 Feng OfficeはHotmailをサポートしていますか?**

現時点では、Hotmailのアカウントのメールを受信できますが、メールの送信はまったくできないでしょう。

Discussion

PLEASE NOTE: Comments to the wiki should only contain suggestions and questions that help us to improve the manual (and not the software). These comments will be deleted as soon as the information has been integrated into the manual.

Posts that do not contribute to the DOCUMENTATION of the project will be DELETED.

Ask QUESTIONS on the product here.
Report BUGS here.
Propose NEW FEATURES here.


Enter your comment
 
jp/e-mails.txt · Last modified: 2013-02-27 18:06 (external edit)
 
Except where otherwise noted, content on this wiki is licensed under the following license: CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


Terms of Service | Privacy and Security policies | Copyright © 2018 fengoffice.com